世界に2つとないオーダーサーフボード

オーダー用紙に込められた思いを形に、、、
同じモデルをオーダーいただいても出来上がりが違うのはお客様のレベルや用途に合わせてシェイプさせていただくからです。
身長や体重だけでは追えない部分をしっかりと考えて、
“パドリングの弱い人には”
“テイクオフを早くしたい人には”
“もっと大きなターンをしたい人には” など
いままでの経験を生かしてシェイプさせていただきます。

そして2本目以降のオーダーには今乗っているボードの細かい数値を反映していきます。
1本目より2本目、2本目よりも3本目。
最高のカスタムシェイプをさせていただきます。

シェイパー 森照行

既に30年のシェイプ歴を超えた日本を代表するベテランシェイパー。
多くのプロサーファーのレベルアップをサーフボードによって手助けしており、常識にとらわれないシェイプはリップが可能なツインフィンを生み出したり、小波でも縦リップが可能なロッカーのキツい小波用のボードを生み出すなど、その才能多岐にわたり、オリジナルのツインフィンのデザインもプロデュースしております。


ラミネート

材料へのこだわりはもちろんですが、私達はラミネートを一本づつ行います。
その理由は樹脂の硬化時間を統一する為です。
3本、4本と同時にラミネートを行うと、塗ってから硬化するまでの時間が、
1本ラミネートする時と変わってしまい強度に大きな影響を与えてしまいます。

サンディング

フィニッシュで全体に細かい縦筋をつける事が一番のポイントです。
細かい工程を省く事なく行い全体に筋をつける事でスピードに大きな影響を及ぼします。
サンディングはとても技術力が問われるところでサーフボードの性能に大きな影響を及ぼす工程です。 
シェイプが良くてもラミネートがうまくいってもサンディングで大きく性能が変わるので最後の最後まで細心の注意して行っております。